メニュー

在宅医療

当院は機能強化型在宅療養支援診療所です

当院は、在宅医療に力をいれています。
我々が目指す地域医療は、患者さん(ご家族)が希望される生活を、安心・安全に過ごしていただくお手伝いができることです。
そのため、患者さんに通院していただく外来診察だけでなく、通院が難しい方には我々が訪問する在宅医療を行なっています。
在宅医療では機能強化型在宅療養支援診療所として複数医師による24時間365日のサポートを行なっています。(当院からの定期的な在宅医療を受けられている方のみです)

 

対象となる方

ご病気の種類に関わらずなんらかの理由で通院が難しい方(身体的・精神的・社会的理由など)、
退院後のサポートが必要な方、ご家族が介護でお困りの方、最晩年をご自宅で過ごされたい方、
緩和ケア/在宅ホスピスが必要な方、ご自宅での処置や医療物品の管理(気切・胃瘻・カテーテルなど)が必要な方 など

 

訪問診療と往診

 在宅医療には、訪問診療と往診があります。  違いをご説明します。
・ 訪問診療とは、事前に予定を決めて計画的に訪問し診療を行うことです。
・ 往診とは、急な体調不良などで予定外に訪問し診療を行うことです。

 当院の在宅医療は、月2回の訪問診療を基本としています。 ご病状に合わせて調整しています。安定されている方は月1回、具合の悪い方には頻回に訪問させていただきます。

 訪問の曜日や時間帯は、患者さんやご家族とご相談のうえ決めさせていただきます。状況によっては、ご希望に添えない場合もございます。ご容赦下さい。

緊急の往診

 急な体調不良時にご自宅での診察や治療を行うためには、患者様の普段の状態を知っていることが大切です。そのため、原則として当院で継続的に診療を受けておられる方のみに対応しています。

 初めてのご相談が緊急往診の場合は、かかりつけ医への受診や救急要請をお願いすることがあります。
 定期的な訪問診療や外来通院を行わずに、体調不良時の往診のみをご希望される場合も、同様の理由でお断りすることがあります。
 何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

 

訪問範囲

大阪市中央区全域と近隣区(浪速区、天王寺区、西区)の一部
(当院から半径2km圏内が目安です。)

 

在宅医療のお申込み

まずはご相談下さい。

連絡方法は、電話、eメール、Faxのどれでも構いません。
お急ぎの時は必ずお電話でご連絡下さい。

電話番号:06-6213-1166
Fax    :06-6212-4836
eメール    :terauchiclinic@gmail.com

多職種連携

当院では、自宅療養を支える様々な職種や病院との連携を大切にしています。

自宅療養を支える様々な職種があります。
(例:ケアマネジャー、訪問介護、訪問入浴、訪問看護、訪問リハビリ、訪問薬局、訪問栄養士など)
患者様の望まれる生活を支えるためには、必要な時にそういった方々との協力が不可欠です。
そして、職種毎にたくさんの事業所があります。当院から連携先を指定することは原則ありません。
ご希望の事業所がございましたらお伝え下さい、ご希望がない場合は情報提供などのお手伝いをします。

これまで通院されていた医療機関との連携も密に行います。
癌などで病院での治療をうけながら、日常的な健康問題の対応のために訪問診療をご利用いただくことも可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME